店舗よりは格安?!オンラインカジノを開設する費用はいくらか

これまでで建設に最も費用のかかったカジノには、およそ90億ドルがつぎ込まれたって知っていましたか?そのような壮大な建築物のオーナーになることを夢見るのは良いですが、残念ながら、世界の99.9%以上の人々には実現不可能なことです。ホテルも店も含めずにカジノだけを一軒所有することですら、その金額たるや考えも及びません。 

 

というわけで、カジノを立ち上げる唯一のチャンスがあるとすれば、それはインターネット上の「オンラインカジノ」でしょう。ただし、それはオンラインカジノの構築が安上がりだという意味ではありません。それどころか、正しい方法で構築しようとすれば、オンラインであっても何千万円という費用がかかります。皆さんにはそれほどの大金を費やして、リスクをとる心構えはありますでしょうか?

まず最初に、オンラインカジノのウェブサイトで使用するソフトウェアを決めなければなりません。そのソフトウェアをご自分で構築するのは絶対に不可能なので、既成のソフトウェアを購入する必要があります。ゲームをホストするプラットフォームを決める段階になると、2000万円程度を用意しておかなくてはなりません。その他にも、ロイヤリティ(印税)の支払いや手数料もかかってきます。さらに、ウェブサイトをホストする場所にもよりますが、カジノライセンスの取得におよそ1000万円、あるいはスポーツブックのライセンスだと、若干それより低めの金額を払わなければなりません。

 

全体として、オンラインカジノの立ち上げ費用は、マカオやラスベガスの豪華カジノリゾートの建設費用とは比較にもなりませんが、お伝えしたとおり、数千万円くらいはすぐに飛んでいきます。それほどの金額の用意がありますか?たとえあったとしても、カジノを所有することには膨大な責任が伴い、うまくいかなくなるリスクも常にあるということを覚えておきましょう。万が一失敗した時には、どうやってその分のお金を再び稼ぎ出しますか?借金を抱えて暮らしたくはないでしょうから、行動を起こす前に慎重に考えてくださいね。 

 

ほとんどの皆さんは自分のカジノを構築したいとは思っていないと思いますが、どのくらい費用がかかるのかということには興味があるはずです。ソフトウェア、ハードウェア、ライセンス取得、ホスト先、スタッフ、手数料、その他すべて含めると、最大で5000万円というところでしょう。さらにこれだけで済むわけではなく、カジノの運営費用が月々かかってきます。スタッフへの給料や月極の手数料の支払いがあり、営業を続けていけばカジノオーナーは当然ながらそのようなお金の用意ができなくなります。 

おっと、もう一つの費用を言い忘れていました。極めて重要な費用、そう、マーケティングと宣伝広告の費用です。ご自身のカジノビジネスを成功させたければ、宣伝のために巨額のお金を投資する必要があります。スポーツブッキーらが有名スポーツ選手にお金を払って自分たちのことを宣伝してもらっていることに気づいている人もいることでしょう。マーケティングはそれほど重要なのです。